スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* スポンサー広告 * page top↑
クリスマスになると思い出す事。
2005 / 12 / 25 ( Sun ) 00:00:00
サンタさんの存在っていつまで信じてましたか?
私は冷めた子で小さい頃からサンタさんって架空の人って思ってました。
毎年クリスマスプレゼントは本でした。
小さい時から(中学まで)毎週日曜日に教会に行き
(半強制的に行かされてたみたいな。。。)
聖書を読み、お話を聞き、賛美歌歌い、クリスマスにはイエスキリスト生誕のお話聞いてました。
教会でのプレゼントもトランプとか本とかでした。

子供達。
幼い時はやっぱりサンタさん信じてました。
イブの夜は嬉しそうに早々と寝たものでした。
途中で何回か起きてきて
「まだ、サンタさん来ないよ~。」 って。
幼稚園頃から色々情報飛び交い、
「サンタさんって、お父さん達なんだね。」 って。
ばれてしまいました。
1番下の娘も勿論サンタさんの存在信じてました。
幼稚園頃からやっぱり情報飛び交い
「サンタさんってお父さん達」
サンタさんの存在を信じさせててあげたかったから家族ぐるみで誤魔化しました。
お兄ちゃん達も妹の夢を壊さないように一緒になって誤魔化しました。
「サンタさんが来なくなっちゃった子は、お父さん・お母さんがプレゼントあげるの。
 でも、いい子にはサンタさん来るんだよ。」
納得したような納得してないような。。。
これで数年もたせました。
小学校1年か2年の時、
「○○ちゃんのロサンゼルスのマンション」 をプレゼント希望にあげた時、
私は仕事の都合で買いに行けず、まだ小学生だった次男が買いに行ってくれました。
70-80センチ位するプレゼントラッピングしてもらい、
買うのも恥ずかしかったけど隠すのも大変だったと言ってました。
サンタさんを疑い始めた娘は家中探したそうです。
次男は押入れの中にプレゼント隠しました。
勿論娘は押入れの中もチェック。
運よく見つからず。。。
朝起きると大きなプレゼント が。
この時はさすがにサンタさん信じたようです。
家中納得するまで自分で家捜ししたのですから。。。
「やっぱりサンタさんいるんだね。こんなに大きなの隠せないものね。」 って。
可愛かったぁ。
4年生まで信じてました。
が、5年生の時にベッドにプレゼント置く時、
目を覚まして見られてしまったのです。
「やっぱりぃ。。。」
現実がわかった娘 チョッと可愛そうだったかも。。。
でも5年生までサンタさん信じてたんだから、もういいよね。
でもその時言った事・・・
「あのマンションは何処に隠してたの」
「あ、あれはね。○○ちゃんが押入れに隠してたのよ。」
「私、入念に探したんだけどな。。。」
あのおっきなプレゼント見つからなかったのでサンタさんを信じきってた娘。
可愛かったぁ。
クリスマスになると、いつもこの事思い出します。
去年も書いたかしら
スポンサーサイト
* 家族 * trackback(0) * comment(0) * page top↑
<<朝食用の・・・ * HOME * 明日のパン。>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://you8639.blog40.fc2.com/tb.php/29-7a3e2e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。